wonderteaのまとめ置き場

読書関係で気になったことを調べてまとめています。SF・ミステリ・眉村卓など。時々二次創作。

囲碁が出てくる小説まとめ

原則フィクション限定

長編

「名人」川端康成(成立事情はややこしいのでWikipedia参照
囲碁殺人事件」竹本健治CBSソニー出版 1980)
囲碁小町嫁入り七番勝負」犬飼六岐(初出「小説現代」2009.10-2010.4, 単行本 講談社 2011)
「落日の譜 雁金準一物語」団鬼六(初出「ちくま」2001.6-2004.8, 単行本 筑摩書房 2012)※作者逝去により未完→加筆再構成
「幻庵」百田尚樹(初出「週刊文春」2015.1月1・8日号 - 2016.11月10日号,単行本 文藝春秋 2016)
「黒しろ恋模様 イケメン俺様部長と囲碁ガールの恋。」1-2巻 朱里コウ(書き下ろし, 集英社 ピンキー文庫 2013)
モノクローム乾ルカ(初出「yom yom」vol.24-30, 単行本 新潮社 2014)
本因坊殺人事件」内田康夫(書き下ろし, 栄光出版社1981)
「烏鷺寺異聞―式部少納言碁盤勝負」篠田達明(徳間書店 1998)
天地明察冲方丁(「野性時代」2009.1-7, 単行本 角川書店 2009)
月桃夜」遠田潤子(日本ファンタジーノベル大賞受賞作, 新潮社 2009)
「碁を打つ女」シャン・サ(早川書房 2004訳)
「虹を待つ彼女」逸木裕(KADOKAWA 2016,公募2015.11締切)

短編

「安置所の碁打ち」小松左京(初出「小説新潮」1971.11,「牛の首」角川ホラー文庫 2022 他収録)
「星碁」小松左京(初出「サンケイスポーツ」1964.12.21, 「小松左京ショートショート全集」勁文社1995 他収録)
囲碁部員」眉村卓(初出 ?,「ショートショートぼくの砂時計」講談社 1974収録)
「読めない局面」蘇部健一(書き下ろし「六とん2」講談社ノベルス 2005 収録)
「盤上の夜」宮内悠介(第1回創元SF短編賞山田正紀賞 2009.6-2010.1公募, 「原色の想像力」東京創元社 2010,単行本「盤上の夜」東京創元社 2012 収録)
「原爆の局」宮内悠介(単行本への書き下ろし「盤上の夜」東京創元社 2012 収録)
月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿 」宮内悠介 (初出「ジャーロ」2012-2015 No.45,47,49,51,53,「ランティエ」2015.7 単行本 光文社 2016 収録)※連作短編集
「宇宙流」チョン・ソヨン(初出 2009,「となりのヨンヒさん」集英社 2019訳 収録)
「妖かしと碁を打つ話」竹本健治(初出「幻影城」2016年1月最終号, 「しあわせな死の桜」講談社 2017 収録)
「死争の譜 天保の内訌」冲方丁(初出「小説宝石」2018.10, 「宮内悠介リクエスト! 博奕のアンソロジー」 光文社 2019.1 収録)

アンソロジー「謎々 将棋・囲碁」(角川春樹事務所 2018)収録分
「碁盤事件」新井素子(初出「ランティエ」2015.12)
「十九路の地図」宮内悠介(初出「ランティエ)2016.12)
「黒いすずらん」千澤のり子(単行本への書き下ろし)

囲碁AIについてのメモ

2016 アルファ碁、韓国のトップ棋士に勝つ 2017引退(アルファ碁が)
2017 アルファ碁ゼロ、AI同士の対戦から最強に(人間不要)

今強いソフト
絶芸(中国。正規版は門外不出)
ゴラクシー
カタゴ(オープンソース


今更ながら「ヒカルの碁」をアニメで見てマンガも読んだので(2022)、小説は何かないかなあと検索してぼちぼち読んでます。将棋に比べて囲碁は少ないのでまとめておこうかと。

未読もあり。
AI発展とのからみもあるので参考に初出も。
という自分用メモ。発見次第追加。

参考文献
「文蔵」2018.5(PHP研究所Kindle
「ブックガイド 天才たちの頭脳の戦いに迫る! 小説で「将棋・囲碁」を楽しむ」細谷正充

HMV books
ゲーム(囲碁・将棋・チェス・麻雀)を題材にした小説特集

みすず書房
[名著案内]知と遊 ボードゲームを読む 若島正

本の万華鏡第22回 日本の囲碁 国立国会図書館(2016年6月)
https://www.ndl.go.jp/kaleido/entry/22/index.html